毎日の家事で、頻繁に使う洗濯機。
そんな毎日の洗濯も、ちょっとしたことに気をつければ電気代を節約できるってご存知ですか?
この記事では洗濯機の節約術をまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

重いものは下に入れる

実は洗濯機を使うとき、洗濯物を入れる順番で電気代は変わってくるんです。
重い洗濯物は下に入れ、軽いものを上に入れるようにしましょう。

「これで何が変わるの?」と思う人も多いでしょうが、重いものを下に入れたほうが洗濯機の回転がスムーズになり、電気代を節約できるんです。バスタオルなど大きなものはできるだけ下に、下着やインナーなどはできるだけ上に入れるようにしましょう。

洗濯物は詰め込みすぎない

また、洗濯機に洗濯物を入れすぎるのも避けたほうがいいでしょう。洗濯物を入れすぎてしまうと洗濯機が回転しづらくなり、洗剤が落ちるのにも時間がかかるため、結果として電気代がかさんでしまいます。

まとめて洗ったほうがなんだかおトクな気がしますが、洗濯物は多くても容量の8割程度に押さえておくのがおすすめ。
洗濯機も回転しやすくなり、洗剤を洗い流すのに大量の水も必要ありません。

お風呂の残り湯を使う

一人暮らしだとなかなか湯船をためることはありませんが、家族と暮らしている人はぜひお風呂の残り湯を使ってみてください。洗濯物の汚れはお湯の方が落ちやすく、その点この節約術はぴったりだといえます。

「お風呂の水なんてなんだか汚そう…」と感じる人もいるかもしれませんが、実際に試してみると気になることは少ないはず。
泥だらけの体を洗い流したときは避けたほうが無難ですが、普通に湯船につかっているぐらいなら気になりませんよ。

お急ぎコースでも汚れは落ちる

洗濯機にはいくつかのコースが設定されていることが多いですが、普通の洗濯物の汚れ程度なら、お急ぎコースや時短コースでも十分に落とすことができます。
お急ぎコースではその分電気代が安く済むので、それが積み重なれば大きな節約になりますよ。

いつも標準コースで洗っているという人は、ぜひ他のコースもいくつか試して、その洗い心地を確認してみてください。
「この程度の汚れなら時短コースで大丈夫」という感覚がつかめるようになるはずです。

まとめ

いかがでしたか?毎日の洗濯ではなかなか節約を意識しませんが、ちょっとの工夫で電気代や水道代を安くすることができるんです。今まで試したことがなかった方もぜひ参考にしてくださいね!

毎日の洗濯をおトクにしよう!洗濯機で出来る節約術まとめ

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です