夫がお小遣いをあげてほしいと交渉しにきたんですがクオリティが高い資料をつくってくれました。あっちも本気だなと思いました。

毎月何にいくらかかっているのかを細かく紙に書いてくれたんですけど、その上で毎月いっぱいいっぱいなのだということ。昇給したこと。今のお小遣いではやる気が起きないことなどを話してきました。

とても真剣な表情だったし、雰囲気に圧倒されてう、うんとしか言えませんでした。三千円アップするだけだったんですが喜びようがすごかったです。

実に良い交渉の仕方でしたね。ただぼんやりとお小遣い増やしてよーと言われたところでえー?今度ねと流してしまいますもの。

あれだけしっかりと資料をつくって渡してきたら私も逃げることはできません。

私も個人的な理由でお金を使いたい時は同じように夫に交渉しようと思います。そもそも私のお小遣いはないので、お小遣いをくださいというところから交渉するべきでしょうか。自由に使えるお金があるとストレス発散できていいんですよね。

家計が苦しいのでお小遣いを貰えていないんですが、できることなら欲しいです。欲しいものぐらい買いたいですしね。

でもいざ貰ったところで夫が稼いだお金だということを考えてしまってパーッとは使えなさそうです。買っていい?と聞きながら買うことになる予感がします。

夫の顔色を窺いながらの買い物では意味がないので、やっぱり私が働けるようになるまではお小遣いなしで我慢するべきなんでしょうね。

お小遣いアップの交渉

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です