私は以前一人暮らしを始めた時は、かなりマメに家計簿を付けていました。また、収入が少ない時はやりくりが大変だったこともあり、そのしわ寄せが食費に行ってしまったこともあります。

当時は食材の底値を調べ、その値段になるまではかなわないようにしていました。主婦向けの雑誌などの節約術を参考にして、かなりいろいろな節約を行いました。

その頃の金銭感覚が残っているので、収入に関わらず、必要なもの以外は極力買わないような習慣が身についています。しかし、節約すると言っても、食事の内容は必要なものはきちんと摂っていくことが大切です。

一度、食べるものがなくなってしまい、栄養失調状態に陥ったことがあります。その時感じたことが、他の何よりもまずは生きるために必要な栄養をきちんと摂っていくことが重要だということに気がつきました。

外食などの減らすことは可能ですが、食材をケチってしまうと、病気になってかえって医療費などで高くついてしまいます。栄養のバランスのとれた食事は、とても大切で必要な自己投資です。

健康な心身が揃ってこそ、日常生活を送っていくことができます。節約生活を経験してから、さまざまなものに関するお金の価値が変わりました。

必要なものの優先順位が変わったように思います。本当に必要なものはそれほど多くはないのかもしれません。

カップ麺1つ100円買うならば、食材を作って調理することができます。今は一人暮らしではなくなりましたが、どのような生活環境でも手間を惜しまず、健康第一で過ごしていきたいと思っています。

食費の節約は注意が必要だと思いました。

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です